生理前のPMDD症状が

だんだんひどくなってきた・・・

 

生理前になると

イライラしたり気分が落ち込んで

自分で自分をコントロールできない。

 

周囲の人とも

生理前の時期の不安定さで

うまく人間関係を築けない・・・

 

このままゆけば、

いつか社会から孤立して

しまいそう・・・

 

なんとか生理前のPMDD症状を

治したいんだけど??

 

PMDD治療方法って

どんなものがあるの?

 

PMDD外来などの病院を

受診すれば完治できるのかな??

 

そんな風に悩んでいる女性も

いらっしゃると思います。

 

そこで、

生理前のつらいPMDD

治療方法について詳しくお伝えします。

 

PMDDの治療方法とは?

 

国内のPMDDの標準治療方法

 

現在日本国内で行われている

PMDDの治療は・・・

 

 

◎精神科的治療
認知療法やSSRIなどの向精神薬

加味逍遥散などの漢方薬
 
◎婦人科的治療
 
低用量ピル

加味逍遥散などの漢方薬

 

 

こういった方法が一般的に

行われています。

 

PMDDって世界的に見ても

まだまだ新しい疾患ですので

お医者さんの中にもPMDDについて

よく知らない方もいらっしゃいます。

 

ですが、

女性のニーズの高まりから

現在日本国内でもPMDD外来などが

設置されはじめています。

 

日本国内でのPMDDの位置付けは

米国精神医学会の治療方針を採用した

精神科の医師がPMDD治療の

第一人者のなので・・・

 

精神疾患という扱いで

治療も精神科的アプローチが主です。

 

ですので、

PMDD外来などを受診すると

大体は精神科的治療を行われる

場合が多いです。

 

でも実は、生理前の不調である

PMDDPMSと同じように

婦人科疾患でもあるんです。

 

そこでまずは、

こういった日本の医療機関で

行われる治療方法について

詳しく見てゆきましょう。

 

◎婦人科的治療方法

 

PMS・PMDDで婦人科を受診すると

まず処方されるのは低用量ピルと

呼ばれる人工の女性ホルモン剤です。

 

この低用量ピルの中でも

PMS等の月経困難症に保険適用

されるのは・・・

 

 

☆ヤーズ
 
☆ヤーズフレックス
(ヤーズの休薬期間が少ないもの)

 

☆ルナベルUL

 

☆ルナベルULD

(ルナベルの超低用量版)

 

☆フリウェルUL

(ルナベルULのジェネリック)

 

 

この中で、PMS等の月経困難症に

一番多く処方されている

低用量ピルは「ヤーズ」です。

 

しかし、

この「ヤーズ」には国内だけで

複数の死亡例の報告のある重篤な

副作用があります。

 

実はこの血栓症などの重篤な副作用は

ヤーズ」に限った事ではないんです。

 

さらに、こういったPMS・PMDD

身体的な症状に対しては改善効果が

認められていますが・・・

 

PMS・PMDDの精神的な症状の

改善効果が無いという事が

研究データとして報告されています。

 

⇒PMDDに低用量ピルは効果が無い!?

 

ですので、

重篤な精神症状が特徴である

PMDDに対しては保険適用されず

すべて自己負担になります。

※医師がPMSや月経困難症と診断したと
報告をすれば保険適用される場合もある。

◎精神科的治療方法

 

婦人科的治療方法である

低用量ピルはPMS・PMDD

精神症状には改善効果がないと

報告があります。

 

そこで、

やはり精神症状の強いPMDDの

改善には精神科的アプローチが

有効なのでは??

 

という事で、

精神科的治療方法について

見てゆくと・・・

 

まず、PMS・PMDD

生理前の時期に分泌量の増える

黄体ホルモンの影響でセロトニンの

働きが悪くなることが原因で起こると

仮説があり・・・

 

この仮説に従って、

生理前の時期だけにセロトニン量を

増やすSSRIとよばれる向精神薬を

投与する事でPMDDの精神症状を

改善する効果が期待できるとしています。

 

さらに、

PMDD治療の第一人者の医師は

1年前後の長期的なSSRIの投薬で

PMDDが完治するともしています。

 

※でも、

PMDD症状に対するSSRIの投与は、

盲腸の痛みを鎮痛剤で抑えるような

ものですので・・・

 

鎮痛剤で盲腸が完治しないのと同様

SSRIでもPMDDは完治は難しいの

ではないかと考える医師も多いです。

 

⇒PMDD治療で処方されるSSRIの副作用とは?

 

ですが、

まあPMDD症状の緩和にSSRI

一定の効果が認められていますので

急激な症状の緩和には効果がある

場合もあります。

 

実際に、精神科やPMDD外来で

PMDD・PMS治療に使用される

SSRIの種類は・・・

 

 

☆セルトラリン(ジェイゾロフト)

1日量25mg~100mg

 

☆レクサプロ(エスシタロプラム)

1日量10mg~20mg

 

☆パキシル(パロキセチン)

1日量12.5mg~25mg

 

 

 

国内の医療機関でPMDD

処方されるSSRIはこの3つの製品が

多いです。

 

患者さんの症状の強さなどで

薬の効き目の穏やかな・・・

 

☆セルトラリン(ジェイゾロフト)

1日量25mg~100mg

☆レクサプロ(エスシタロプラム)

1日量10mg~20mg

 

あたりを処方し改善効果が

認められなければ、

薬効の強めなパキシル

処方をされる場合が多いです。

 

なぜ?薬効の強いパキシルから

処方しないの??

 

って思うかもしれませんが、

パキシルは薬効が強い分副作用や

断薬時の離脱症状も強烈な事が

知られています。

 

SSRIには危険な副作用が?

 

そして実は、

パキシルに限らずSSRIには

攻撃性や衝動性を高めてしまう

危険な副作用があるんです。

 

実際、

アメリカのコロンバイン高校での

銃乱射事件の主犯格の少年達の

血液からはSSRIの成分が検出され

問題となりました。

 

※事件直後少年たちは

自ら命を絶ってしまっています。

 

この事件こそが、

SSRIの攻撃性や衝動性を高める

副作用を如実に表したものであると

指摘されています。

 

もし、

こういったSSRIの副作用である

攻撃性や衝動性が生理前のPMDD

自分で自分をコントロールできない

症状を増悪させてしまったら!?

 

あなたは自分自身を抑えられる

自信はありますか??

 

PMDDに安全な改善方法

PMDDに有効な改善方法

 

生理前のPMDD症状の改善に

体への負担や危険な副作用のある

低用量ピルやSSRIなどの向精神薬

を服用する前に・・・

 

PMS・PMDD研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

自然由来の安全なチェストベリー等の

有効成分の摂取が推奨されているんです。

 

 

そして、

日本国内で購入できるこういった

チェストベリーやクワンソウエキス類を

バランス良く配合した製品として

「めぐルナ」があります。

 

「めぐルナ」は、

厚生労働省にPMS改善薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分であるチェストベリー

配合しています。

 

さらに、

セロトニンの働きを補う効果が

期待できるクワンソウエキスや

高麗人参・各種ビタミン類など・・・

 

特に生理前のPMS・PMDDの

精神的な症状の高い改善効果を

期待できるんですよ!

 

ですので、

生理前の時期のPMS・PMDDの

精神的な症状の改善には

「めぐルナ」がおすすめです。

また、

今なら初回80%OFFの

980円でおためしできる

キャンペーンも実施中です♪

 

☆初回80%OFF980円♪

☆30日間の返金保証制度あり

☆ドリンクタイプで吸収率No1

※初回80%OFFは「めぐルナ」

公式サイト限定です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒「めぐルナ」を最安値でおためし