PMDDと双極性障害(躁うつ病)の関連性や違いとは? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDDと双極性障害(躁うつ病)の関連性や違いとは?

いつもはハイテンションな私が・・・

生理前の時期になると

すごく気分が落ち込んで

何にもやる気が出なくなる。

休みの日は1日中布団の中で

過ごすこともほとんど。

でも生理前の時期が終わると

すごく元気になって生理前が

嘘みたい。

家族からは二重人格?

躁うつ病なんじゃない!?

って言われるけれど・・・

これってほんとにPMSPMDD

じゃなくて双極性障害躁うつ病

なのかな??

PMDDと双極性障害(躁うつ病)

PMDDと双極性障害(躁うつ病)

生理前のPMDDと双極性障害って

うつ病などと違いどちらも周期的に

症状が重くなったり軽くなったり

する病気だから見分けがつかない・・・

実際にはPMDDと双極性障害って

どこが違うの??

そんな風に疑問に思っている

女性も多いのではないでしょうか?

そこで、

生理前のPMDDと双極性障害

について詳しく調べてみました。

生理前のPMDDとは?

PMDD(月経前不快気分障害)は

生理前の時期だけにあらわれる

情緒不安定や体のだるさ等で

日常生活に支障が出る病気です。

PMDDと同じように

生理前だけに症状の表れる

PMS(月経前症候群)は、

日常生活に支障が出ない程度の

比較的軽度の症状が中心です。

PMDDの症状が発症する時期は

排卵前後~生理開始2日目辺りまでの

生理前の約2週間程度出現する事が多く

生理後1週間は症状がほとんど消失します。

PMDDは生理前の病気ですが、

身体的な症状よりも精神的な

症状が重篤な場合も多いので

精神疾患という位置付けです。

双極性障害(躁うつ病)とは?

双極性障害(躁うつ病)は

周期的に非常に活動的な躁の時期と

うつ状態を繰り返す精神疾患です。

この周期的に症状が変化する事で

生理周期に合わせて症状が出る

PMDDと混同される事もある

疾患です。

ですが、PMDDはきっちり

生理周期と関連して症状が表れますが

躁うつ病は生理周期に限らず症状が

表れる病気です。

ですが、

精神科医でも双極性障害(躁うつ病)

特に症状の軽い双極Ⅱ型障害の診断は

難しく・・・

また、

生理時に症状が増悪する場合も

多いのでPMDD等の精神疾患と

誤診される場合もあります。

さらに、PMDDやうつ病と診断されて

それらの治療に使われるSSRIなどの

抗うつ剤の作用で異常な躁状態を

引き起こしてしまうケースの報告も

あるんです。

出典・参考:『anese Society of Psychosomatic Obstetrics and GynecologyNII-Electronic Library Service Japane』

双極 II型障 害 は 診 断 が 困 難 で あ り,

他 の うつ 病性 障害 と誤診 され ,

抗 うつ 薬の 投与が 躁転の 起 因 とな る .

【症例 】 20歳 ,未 婚 .月経 前 に 繰 り返 す気 分 ,

ざ瘡 の 増 悪 を主 訴 に 来 院 .

問診 お よ び Profileof Mood Status(POMS )

に よ り月 経前 の 不 安, 抑 うつ 気 分 の 増 悪 を確認 し,

DSM −IV −TR に よ りPMDDと診断.

パ ロ キ セ チ ン の 全周 期投与 開始 した と こ ろ ,

服 薬 3 週 目 よ り多弁 ,注意 散 漫,無 分 別 な交遊 過
食 な ど軽 躁病 エ ピ ソ ー ドを認め ,

服薬 8 週 目 に大量 服 薬 を 図 っ た .

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspog/17/1/17_KJ00008126684/_pdf

え?でも双極性の躁状態って

うつ状態に比べて活動的で楽しくて

良いんじゃないの??

って思うかもしれませんが、

双極性障害で社会的な問題を

起こすのはうつ症状の時よりも

躁状態の時の方が多いんです。

例えば、

いらないものを大量に買ったり

賭けに勝つと信じ込んで

破産するほど散財したり・・・

キャパオーバーの仕事を

不眠不休でおこなって、

心筋梗塞等を引き起こしたり・・・

他人に対する加害行為や

自ら命を絶ってしまうのも

躁状態の時期の方がずっと

多いんです。

ですので、生理前につらい症状が

あるからといって安易にSSRIなど

向精神薬を服用するのは危険ですよ!!

PMDDの治療にはSSRI?

PMDD治療方法とは?

でも、生理前の精神的な症状は

PMDDと診断されてSSRIなどの

向精神薬を処方される事が

ほとんどです。

ですが、

万が一医師でも診断の難しい

双極II型障害であったならば・・・

PMDD治療で処方されるSSRIなどの

抗うつ剤は躁うつ病を発症する

引き金ともなりかねません。

さらにこういったSSRIなどには

攻撃性や衝動性を高めてしまう

副作用なども存在しているんです。

実際にアメリカのコロンバイン高校での

銃乱射事件事件の犯人達の血液からは

このSSRIが検出されて話題になりました。

※事件直後、

犯人達は自ら命を絶っています。

生理前の自分で自分をコントロール

できない時期にこういったSSRIの

副作用が発症してしまったら・・・?

あなたは最後まで自分をコントロール

できる自信はありますか?

そこで、

自分自身の生理前の不調が

PMDDか双極性障害なのか

判断がつかない場合は・・・

まずは安全性の高い

効き目の穏やかな有効成分の

チェストベリーやイソフラボン類等の

摂取をおすすめします。

生理前の不調を安全に改善するには?

安全性の高い有効成分

PMS・PMDD研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

体への負担や副作用の大きい

低用量ピルやSSRIなどの向精神薬の

服用の前に・・・

まずは、

安全性の高い有効成分である

チェストベリーやイソフラボン類の

摂取を推奨しています。

こういった安全性の高い

チェストベリーやイソフラボン類を

バランス良く配合した製品としては

ルナベリー」がおすすめです。

ルナベリー」は

厚生労働省にPMS治療薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分であるチェストベリーを40mg

配合した製品です。

さらに、

女性ホルモン「エストロゲン」を補う

イソフラボン類やビタミン・ミネラル

生薬を豊富に配合しています。

ですので、

ご自身の生理前の不調が

PMDDなのか双極性障害なのか

判断がつかない・・・

と迷っている方は、

まずは日本国内で購入できる

ルナベリー」をためしてみると

良いですよ。

また、この「ルナベリー」

初回500円(税込・送料込)

おためしできるんです。

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

120日間の全額返金保証制度

利用できるので安心ですよ(^^♪

※120日間の全額返金保証制度は

ルナベリー」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナベリー」公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。