PMDDで産婦人科を受診するのって正解なの?? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDDで産婦人科を受診するのって正解なの??

生理前の時期になると

ひどいイライラや情緒不安定で

日常生活に支障が出る。

こんな生理前のPMDD症状を

改善するのにはどうすれば良いの?

PMDDって生理前の症状だから

産婦人科を受診しても大丈夫??

そんな風に疑問に思っている

女性も多いのではないでしょうか?

そこで、

PMDD治療に産婦人科を受診する事に

関して詳しくお伝えします。

PMDD治療に産婦人科を受診するって?

PMDDは産婦人科を受診すべき?

PMDDって生理前限定の

病気だから婦人科疾患だよね?

婦人科疾患の改善には

産婦人科を受診すればいいのかな??

そんな風に思う女性も

多いかもしれませんが・・・

実は、

日本の医療機関ではPMDDって

精神疾患のひとつという位置付け

なんです。

ですので、

本来ならば精神科やPMDD専門外来を

受診する事が望ましいです。

でも、

精神科ってちょっと怖いイメージ。。。

脳に作用する向精神薬とか

精神安定剤とか飲むのに抵抗がある。

そんな女性は、

婦人科を受診する方も多いです。

ですが、

婦人科でPMS・PMDD治療で

処方される低用量ピルには

生理前の精神的な症状を

改善できる効果がない事が

証明されています。

ですので、

精神症状が主な症状である

PMDDは低用量ピルを服用しても

あまり効果的ではありません

さらに、低用量ピルはPMSに対しては

保険適用されますがPMDDには保険適用

されないので全額自己負担となります。

さらにさらに、

PMS・PMDD治療に用いられる

低用量ピルには国内の死亡事故も

複数報告のある重篤な副作用

あるんです。

実際にこの副作用に関して

厚生労働省から注意喚起のブルーレターが

公布されています。

PMDDは精神科を受診すべき?

じゃあ、

PMDDは精神疾患なんだから

精神科やPMDD外来を受診すれば

改善できるんだよね??

って思うかもしれませんが・・・

実は、PMS・PMDDって

まだ新しい病気で原因やメカニズム

すべての女性のPMS・PMDDを

改善できる治療方法は確立されて

いないんです。

⇒PMDDの原因・メカニズムって?

ですので、

PMDD治療の専門の医療機関を

受診してもPMDD・PMSを改善

できない場合もあるんです。

さらに、

精神科でPMDD治療の第一選択肢

として利用されているSSRIには

脳や肝臓への負担や・・・

攻撃性や衝動性を高めてしまうという

危険な副作用のリスクもあるんです。

PMDDの安全な治療方法って??

PMDDに安全な有効成分

そこで、

体への負担や危険な副作用のある

低用量ピルやSSRIなどの向精神薬の前に・・・

PMDD・PMS研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

安全性の高いチェストベリーや

イソフラボン等の有効成分の摂取が

推奨されているんです。

そこで、日本国内で手に入る

こういった有効成分をバランス良く

配合したおすすめの製品が

「ルナベリー」です。

PMDD改善に「ルナベリー」がおすすめ

「ルナベリー」は、

厚生労働省にPMS改善薬として

有効性と安全性を認められた

医薬品の主成分であるチェストベリーを

医薬品と同量40mg配合しています。

さらに、

女性ホルモン「エストロゲン」の

働きを補うイソフラボン類や

ビタミン・ミネラル・生薬を

豊富に配合しています。

ですので、自然由来の穏やかな

有効成分が高いPMDD改善効果を

期待できるんです。

そして、この「ルナベリー」

初回500円(税込・送料込)

試せるんです。

また、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

120日間の全額返金保証制度

利用できます。

※120日間の全額返金保証制度は

ルナベリー」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナベリー」公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。