PMDDはルナベルで改善できるの?危険な副作用って? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDDにルナベルって効くの?危険な副作用って?

生理前のつらいイライラや

気分の落ち込みで日常生活に

支障が出る(>_<)

これってPMSPMDDだと思って

近所の産婦人科を受診したら

低用量ピル「ルナベル」を

処方された。

この「ルナベル」って

私のPMS・PMDD症状に効くの??

それと、

お医者さんが「ルナベル」は

ちょっと副作用があるって

言っていたことも気になる。。。

そんな風に疑問を抱く女性も

多いのではないでしょうか?

そこで、

産婦人科でPMS治療に保険適用される

低用量ピル「ルナベル」について

詳しくお伝えします。

PMDDにルナベルって効くの?

低用量ピル「ルナベル」って?

産婦人科などを

PMS・PMDD改善の為に

受診すると・・・

まずは、

PMS治療に保険適用される

「ヤーズ」「ルナベル」

「フリウェル」等の低用量ピルを

処方される事が多いんです。

PMS・PMDDって

生理前限定の不調ですので、

生理をコントロールしている

女性ホルモンの影響を受けると

考えられています。

ですので、

生理をコントロールしている

女性ホルモンをコントロ―ルする

低用量ピルが処方されるんです。

じゃあ、

私のPMS・PMDDは低用量ピルを

服用すれば改善できるのね♪

って思うかもしれませんが・・・

実はこれらの低用量ピルって

生理前の身体的な症状の改善には

有効性が認められているんですが、

精神的な症状の改善効果は無い事が

証明されてしまっています

ですので、低用量ピルって

PMSには保険適用されますが

精神的な症状が主なPMDDには

保険適用されないんです!!

さらに、

こういった婦人科で処方される

低用量ピルには複数の死亡例の

報告がある副作用が存在するって

ご存知でしたか??

低用量ピルには危険な副作用が!?

産婦人科などでのPMSに

保険適用れるのは・・・

「ヤーズ」

「ヤーズフレックス」

「ルナベルLD」

「ルナベルULD」

「フリウェルLD」

などの低用量ピルです。

これらの経口ピルの主成分は

黄体ホルモン薬と卵胞ホルモン薬の

2つの薬剤です。

黄体ホルモン薬にはそれぞれ

様々な種類の薬剤が使用されて

いるのですが・・・

卵胞ホルモン薬はすべて、

「エチニルエストラジオール」という

化学物質になります。

そしてこの

エチニルエストラジオール」には

血栓症等の命に関わる副作用が

存在しているんです。

実際に、

日本国内でPMS治療に広く

処方されている「ヤーズ」による

複数の死亡例の報告があります。

⇒PMDD改善薬には危険な副作用が?

それに対し厚生労働省が注意喚起の

ブルーレターを公布しています。

そしてまた、

ルナベル」にも「ヤーズ」と

同量の0.02mgの卵胞ホルモン

エチニルエストラジオール」

配合されています。

ですので、

ヤーズ」と同レベルで血栓症の

リスクがあると言えるんです。

PMDD・PMSに安全な有効成分って?

PMS・PMDD改善の有効成分は??

そういった危険性の高い

低用量ピルや向精神薬の

服用の前に・・・

PMS・PMDD研究の先進国の

イギリスの改善ガイドラインでは

安全な自然由来のチェストベリーや

イソフラボン類の摂取を推奨しているんです。

そこで、日本国内で購入できる

チェストベリーやイソフラボン等の

有効成分をバランスよく配合した

製品として「ルナベリー」が

おすすめなんです。

PMDD改善に「ルナベリー」

この「ルナベリー」は、

厚生労働省にPMS治療薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分であるチェストベリーを40mg

配合しているんです。

さらに、

女性ホルモン「エストロゲン」の

働きを補うイソフラボン類や

ビタミン・ミネラル・生薬も

豊富に配合しています。

ですので、

PMS・PMDDを根本的に

改善する効果を期待できるんです。

まずは、

人工のホルモン剤である

低用量ピル「ルナベル」の前に・・・

この「ルナベリー」

初回500円(税込・送料込)

試してみると良いですよ(^^♪

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

120日間の全額返金保証制度

利用できるんです。

※120日間の全額返金保証制度は

ルナベリー」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナベリー」公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。