子供を出産後、

フルタイムで職場復帰・・・

 

仕事と育児と家事を

完璧にこなそうとがんばってたけど

超ストレスフル生活(>_<)

 

コーヒーがぶ飲みで

徹夜で持ち帰り仕事をこなしたら・・・

 

ある日突然パニック発作を

発症してしまった!!

 

異常な動悸や息苦しさで

このまま心臓が止まっちゃうんじゃ

ないかってひどい不安や恐怖を感じる。

 

失神寸前で救急車で運ばれたら

「パニック障害」って診断された(T_T)

 

それからは毎月のように

決まってパニック障害の症状が

表れて本当に困っている(T_T)

 

でも、あれ・・・?

 

私のパニック発作って

全部生理前の時期に起こってる!?

 

もともと生理前の時期になると

イライラ感や気分の落ち込みなどの

PMSPMDDの症状を感じていたケド・・・

 

これってただ偶然なの??

 

PMDDとパニック障害には関連性が!?

 

PMDDとパニック発作

 

生理前の時期になるとイライラや

気分の落ち込み・胸の張りなどの

つらい症状を感じる・・・

 

こういった生理前の症状は

PMS(月経前症候群)と呼ばれる

生理のある女性の約8割以上が

経験するという症状なんです。

 

そしてまた、

こういった生理前のつらい症状で

日常生活に支障が出る場合は、

PMDD(月経前不快気分障害)と

呼ばれる精神疾患の可能性が

高いんです。

 

さらに、

こういったPMDDとその他の

うつ病やパニック障害などの

精神疾患との関連性が指摘されて

います。

 

これは、

生理前のPMDD症状が悪化して

うつ病などの精神疾患を発症して

しまった・・・

 

逆にうつ病やパニック障害などを

発症していて生理前の時期になると

そういった症状が増悪する・・・

 

など様々なタイプの方が

いらっしゃいます。

 

では、どうしてこういった

生理前のPMS・PMDD症状と

うつ病やパニック障害などの

関連性が認められるかといえば・・・

 

PMDDとパニック発作の関連性とは?

 

こういった生理前のPMDD症状は

うつ病やパニック発作と同じように

脳内の神経伝達物質セロトニンの

働きが低下する事によって発症すると

考えられている為です。

 

うつ病やパニック障害などは

外的なストレスなどによって、

セロトニンの働きが悪くなり

症状が発症していると

考えられているのに対し・・・

 

PMDDの症状は、

外的なストレスだけではなく

生理前の時期に分泌量が増える

黄体ホルモンの作用によって

セロトニンの働きが悪くなると

考えられているんです。

 

ですので、

黄体ホルモンの働きでセロトニンの

働きの悪くなる時期は・・・

 

PMDDの症状だけでなく

パニック障害等の精神疾患の症状も

増悪する事が多いんです。

 

PMDDとパニック障害を改善するには?

 

PMDDとパニック障害を改善できる?

 

生理前の時期に分泌量増える

黄体ホルモンの作用によって

セロトニンの働きが悪くなる事で・・・

 

生理前のPMDD症状が発症するだけでなく

パニック障害等の精神疾患を増悪させて

しまう可能性があります。

 

じゃあ、

こういったPMDDやパニック障害を

改善する為にはどうしたらいいの?

 

そんな風に思いますよね??

 

そこでおすすめなのが、

黄体ホルモンの過不足を整える

チェストベリーという有効成分なんです!

 

このチェストベリーは、

厚生労働省にPMS治療薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分でもあります。

 

また、

このチェストベリーを医薬品と同量

40mg配合した「ルナテア」という

製品は・・・・

 

錠剤などよりも吸収率が高く

効果を実感しやすいホットドリンク

タイプなんです。

 

チェストベリーって、

漢方薬の原料のように生薬ですので

漢方薬と同じようにお湯で煎じて

服用する事が理想的なんですよ♪

 

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

ルナテア」なら返金保証も

利用できるので安心です。

 

※30日間の返金保証制度は

こちら「ルナテア」公式サイト限定です。

 

こちら⇒「ルナテア」公式サイトへ