以前は生理直前に、

ちょっとだるかったり胸が張ったり

するだけだったんだけど・・・

 

最近なんだか生理前の時期に

すごくイライラしたり情緒不安定等

PMS・PMDDの症状で困っている。

 

 

これって気のせいなのかな?

 

って友達に相談したら、

「年齢のせいじゃない!?」って

言われたΣ(゚д゚lll)ガーン

 

でも実際に、

生理前のPMS・PMDDが

悪化しやすい時期や年齢なんて

あるの??

 

PMDD・PMSと年齢の関係とは?

 

PMDD・PMSは年齢と関係がある?

 

生理前の時期だけに、

すごく気分が落ち込んだり

体がだるくて疲れやすかったり

不調を感じる・・・

 

こういた生理前のPMSの症状は

女性の約80%が感じたことのある

症状なんだそうです。

 

その中でも特に、

生理前の症状が重く日常生活に

支障が出る場合はPMDDと呼ばれる

病気の可能性が高いんです。

 

そしてこういったPMDDは、

生理前の時期に分泌量が増える

黄体ホルモン(プロゲステロン)という

女性ホルモンの影響で・・・

 

脳内の神経伝達物質セロトニンの

働きを悪くなる事で症状が

発症すると考えらえています。

 

さらに、

こういったPMS・PMDDは

別名を「30代中期症候群」

とも呼ばれ・・・

 

30歳頃をピークに減少してしまう

女性ホルモン「エストロゲン」の

影響も受ける事も知られています。

 

ですので、

女性ホルモンが減少してしまう

30代中期以降にPMS・PMDDを

発症・悪化させてしまう女性が

とても多いんです。

 

PMDDと女性ホルモンの関連性

 

そして、

その時期だけではなく・・・

 

まだ体が成長途中の10代の時期も

女性ホルモンの分泌が不安定な為、

PMS・PMDDを発症・悪化させて

しまう事があります。

 

出典・参考:https://pre-meno.net/

 

 

 

特に高校生のPMDDの発症数は

成人女性に比べて2倍以上なんです!

 

さらに、

30代以降もPMS・PMDDは

生殖器の老化や女性ホルモンの

低下に伴い悪化しやすく更年期障害の

重症化とも関連性が認められています。

 

このように、PMS・PMDDは

女性ホルモンの分泌など生殖機能が

低下する時期や年齢で症状を発症

悪化させてしまう事が多いんです。

 

ですので、

生殖機能が未熟な10代頃や、

加齢によって女性ホルモンの

分泌量が低下する30代以降は

PMDDを発症・悪化させやすい

時期であると考えられるんです!!

 

女性ホルモンを整えPMDDを改善

PMDD改善と女性ホルモン

 

生理前のPMDDは、女性ホルモンが

乱れたり減少する事の多い年齢に

発症・悪化する事の多い病気です。

 

そこで、

こういったPMDD症状を

これ以上悪化させない為には

早めに対処して改善する事が

重要なんです。

 

そして、

こういった女性ホルモンの影響で

発症・悪化するPMDD症状に対しては

女性ホルモンの乱れを改善する有効成分

がおすすめなんです。

 

実際に、

PMS・PMDD研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

体への負担や副作用の大きい

低用量ピルや向精神薬の前に・・・

 

まずは、

女性ホルモンの乱れを調える

チェストベリーやイソフラボン類の

摂取を推奨しています。

 

 

こういった有効成分を

日本国内で購入できる製品で

バランス良く配合したのが

ルナテア」なんです。

 

 

ルナテア」は、

厚生労働省にPMS改善薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分であるチェストベリー

配合しています。

 

さらに、「ルナテア」には

もう一つの女性ホルモンのエストロゲンの

働きを補うイソフラボン類やビタミン

ミネラル・生薬を豊富に配合しています。

 

ですので、

生理前のPMS・PMDD改善に

高い改善効果が期待できるんです。

 

また、「ルナテア」は

ホットドリンクタイプの

サプリメントなので吸収率も高く

改善効果を実感しやすいんです。

 

そして、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

全額返金保証制度を利用でき

安心なんですよ♪

 

☆1日あたり66円のみ(^^♪

☆30日間の返金保証制度あり

☆ドリンクタイプで吸収率No1

※30日間の全額返金保証制度は

ルナテア」公式サイト限定です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒「ルナテア」を最安値でおためし