生理前のひどい眠気はPMDD?月経前過眠症!? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

生理前のひどい眠気はPMDD?月経前過眠症!?

生理前の時期になると・・・

なんだかいつも眠くて

集中力が続かない。

眠っちゃいけないって

分かっていても体が追い付かず・・・

気づいたときにはうっかり寝落ち!!

生理前の異常な眠気で

日常生活に支障が出る(>_<)

周りの人に相談しても

「怠けているだけ」って

きちんと理解してもらえない。

これって本当に私が

だらしないだけなの??

そんな風に悩んでいる女性って

実はとっても多いんです。

生理前の睡眠障害はPMDD??

生理前の睡眠障害の特徴は?

生理前の時期限定で、

異常な体のだるさや疲労感

眠気を感じる場合・・・

PMS(月経前症候群)の可能性が

あります。

そしてそういった睡眠障害で

日常生活を普段通りに過ごせなく

なってしまう場合はPMDD

可能性が高いんです。

こういった生理前のPMDDの

過度の眠気は「月経前過眠症」とも

呼ばれる事もあります。

またこういった生理前の

睡眠障害は眠い・過眠という

症状だけでなく・・・

逆に寝つきが悪い・眠れない

眠りが浅いなどの不眠の症状の

場合もあります。

PMDDの睡眠障害の原因って??

こういった生理前の睡眠障害は・・・

生理前の時期に分泌量の増える

黄体ホルモンという女性ホルモンが

脳に作用する事によって起こると

考えられています。

というのも、

この黄体ホルモンに神経伝達物質

セロトニンの働きを悪くする作用が

認められています。

こういった作用により、

生理前の時期にひどいイライラ感や

気分の落ち込み・不眠などの症状が

起こります。

また、この黄体ホルモンは

強い鎮静効果作用のある

アロプレグナノロンという物質を

作り出す作用もあります。

このアロプレグナノロンの鎮静効果は

一般的に睡眠導入剤として処方されている

ベンジゾアゼピンと同レベルの催眠効果が

あるとされているんです。

つまり、

生理前の時期に黄体ホルモン量が

増えると常に睡眠薬を服用しているのと

同じような状態になってしまうんです。

そりゃ眠くて当たり前ですよね??

PMDDの睡眠障害を改善するには?

PMDDの睡眠障害を改善する有効成分

こういった生理前のPMDDの

睡眠障害を改善するには・・・

生理前の睡眠障害の原因となっている

黄体ホルモンの過剰や不足を整える事で

改善される場合が多いです。

実際に、

私も生理前の異常な眠気や

体のだるさに悩まされるのですが・・・

そんな時はすぐに黄体ホルモンの

乱れを整えるチェストベリーの

ハーブティーを飲みむんです。

このチェストベリーって、

黄体ホルモンの乱れを整え

PMSの症状を改善する効果で

厚生労働省に認可されている医薬品の

主成分でもあるんです。

ですので、

生理前の眠気以外のPMS・PMDD症状の

改善にも効果的な成分です。

そしてこのチェストベリーって

漢方薬と同じような生薬ですので

漢方薬と同じようにお湯に煎じて

服用する事で吸収率がUPします。

ですので、

なるべく早く改善効果を実感したいなら

ホットドリンクタイプの「ルナテア」が

一番おすすめなんですよ!!

「ルナテア」は1杯服用するだけで

子宮からじんわり温まってパワーが

沸いてくる事を実感できます。

また、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

ルナテア」なら返金保証も

利用できるので安心ですよ♪

※30日間の返金保証制度は

こちら「ルナテア」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナテア」公式サイトへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。