境界性人格障害とPMDDの関連性や違いとは? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

境界性人格障害とPMDDの関連性や違いとは?

普段はけっこう穏やかな性格で

普通に過ごせるんだけど・・・

突然、

イライラして怒りっぽくなったり

何にもやる気が起きなくなってしまう

時期がある。

一度ネガティブな感情に支配されると、

自分では自分がコントロールできなく

なって・・・

最悪の状況まで突き進んでしまう!!

すごく気分が落ち込む時期に

リストカットしてしまったり・・・

何度か大量に睡眠薬を飲んで

救急車で運ばれたことも。

たぶん境界性人格障害だと

思っていたんだけど・・・

彼氏から生理前の時期に

症状が出ることがほとんどだから

PMSPMDDなんじゃないの??

って言われた。

私のこういった定期的な感情の不調って

境界性人格障害PMS・PMDD??

PMDD・PMSと境界性人格障害

PMDDとPMSとは?

生理前の時期になると、

異常に怒りっぽくなったり

気分が落ち込んで何にもやる気が

起きなくなってしまう。

体がだるかったり疲れやすい、

むくみや腹痛・便秘などの症状が

表れる。

こういった生理前の症状は

PMS(月経前症候群)と呼ばれ

生理のある女性の約80%が

経験する症状なんです。

さらに、

こういった生理前の症状が

日常生活に支障が出る程ひどい場合は

PMDD(月経前不快気分障害)という

病気の可能性が高いんです。

こういったPMDDって

まだあまり一般的には知られていない

病気ですが・・・

女性の社会不適応や家庭内不和

離婚や社会的孤立とも深い関連性が

指摘されている疾患なんです。

そしてさらに、

PMDDの自覚がないまま

社会的な孤立等から精神疾患を

発症したり、犯罪行為・・・

最悪、

自ら命を絶ってしまう女性も

いらっしゃる怖い病気なんです。

境界性人格障害とは?

PMDDと同じように、

ひどい精神的な症状によって

人間関係や社会的信用の崩壊を

経験し孤立感や孤独にさいなまれる・・・

境界性人格障害もPMDDと

判別がしにくい精神疾患です。

この境界性人格障害というのは、

神経症と統合失調症の境界(中間)に

ある状態という意味で定義されています。

ですので、

神経症的なひどく神経質に

なって異常なこだわりを示す特徴と、

統合失調症的な現実と妄想を正確に

判別・判断できなくなってしまう特徴を

併せ持っている疾患です。

では具体的な境界性人格障害の

症状というと・・・

◎他人に否定されたり

見捨てられる事を極端に嫌がる

◎常に情緒不安定で正常な

人間関係が築きにくい

◎自傷行為など自ら命を絶つことを

周囲にアピールしたがる

◎摂食障害・薬物依存・性的依存

万引きなど異常行動がみられる

◎常に不満や不幸感を抱いている

◎強いストレス状態におかれると

一時的に記憶喪失や錯乱状態に

おちいる場合がある

境界性人格障害では、

こういった症状がみられるという

特徴があります。

そしてこういった、

境界性人格障害などの精神疾患は

女性ホルモンの影響を受け生理前に

症状が増悪する場合が多い事も

指摘されています。

ですので、境界性人格障害の方が

PMS・PMDDを併発するのは

珍しい事ではないんですよ。

PMDDと境界性人格障害の違いとは?

PMDDと境界性人格障害の違い

実は、

症状自体だけではPMDDと

境界性人格障害は判別する事が

できないんです。

どちらも、

ひどい精神的な症状によって

社会的な生活に困難を感じ

孤立しやすいという特徴も

共通しています。

じゃあ、

PMDDと境界性人格障害を

どうやって判別すればいいの?

って気になる女性多いのでは

ないでしょうか??

実は、

PMDDと境界性人格障害の

最大の違いは・・・

その症状が発症する時期や

期間が目安となるんです!!

PMDDは発症期間で判断できる

PMDDって、

月経前不快気分障害という

名前の通り・・・

生理前に症状が現れる病気で

PMDDの原因には生理をコントロール

している女性ホルモンと深い関りが

あるんです。

そしてその女性ホルモンは

月経周期と関連して分泌される

種類や量に差が出ます。

これによって・・・

PMDDには、

生理後一週間は症状が消失する

期間が存在するんです!!

ですので、生理後1週間頃に

精神的な症状が全くあるいは

ほとんど表れない場合は、

PMDDの可能性が高いです。

逆に生理後1週間にも

ひどい精神的な症状が現れる場合は

統合失調症などの精神疾患の

可能性が高いんです。

まずは、

あなたのつらい精神的な症状が

PMDDなのかセルフチェックして

みると良いですよ。

⇒PMDD診断セルフチェックリスト

精神的な症状がPMDDならば・・・

生理前の症状がPMDDだったら?

もしあなたの精神的な症状が・・・

PMDD診断セルフチェックで

PMDDの可能性が高いという

結果が出た。

境界性人格障害だけど

生理前の時期に症状が増悪する。

そういった場合は、

PMS・PMDDを改善する方法を

探してみましょう。

そこで、PMS・PMDD研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

体への負担や副作用の大きい低用量ピルや

SSRIなど向精神薬の前に・・・

安全性の高いチェストベリーや

イソフラボン等の有効成分の摂取を

推奨しています。

こういった有効成分を、

日本国内で購入できる製品で

バランス良く配合したものとして

「ルナテア」がおすすめなんです。

PMDD改善にはルナテア

というのも、この「ルナテア」は

厚生労働省にPMS改善薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分であるチェストベリーを40mg

配合しています。

さらに、

女性ホルモン「エストロゲン」の

働きを補うイソフラボン類や生薬

ビタミン・ミネラルを豊富に配合して

いるんです。

そして、

こういったチェストベリーや

イソフラボンって漢方薬などと同じ

生薬由来の成分ですので・・・

漢方薬と同じように、

お湯で煎じて服用する事で吸収率がUP!

高い効果を実感できるんです。

ですので、

チェストベリーやイソフラボンで

PMDD改善効果を実感したい場合は・・・

ホットドリンクタイプの「ルナテア」が

いちばんおすすめなんですよ♪

また、「ルナテア」は

改善効果を実感できなくても

返金保証も利用できるので安心です。

※30日間の返金保証制度は

こちら「ルナテア」公式サイト限定です。

こちら⇒「ルナテア」公式サイトへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。