PMDDの治療薬に副作用ってあるの!? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDDの治療薬に副作用ってあるの!?

生理前のイライラや

気分の落ち込みなどの症状が

つらくて日常生活に支障が出る。。。

生理前の時期は、

自分を自分でコントロールできなくて

周りの人にやつあたりが止められない。

これってPMDDだと思うんだけど、

どうしたら治るのかな??

精神科や産婦人科などで

処方される低用量ピルやSSRIとか

向精神を服用すれば治るのかも

しれないけど・・・

そういう低用量ピルやSSRIって

体への負担や副作用って無いの??

そんな風に不安に思っている

女性も多いのではないでしょうか??

そこで、

生理前のつらいPMDD症状を改善する

薬の効果や副作用について詳しく

お伝えさせていただきます。

PMDDの治療に利用される薬って?

病院などでPMDD治療に処方される薬は?

生理前のつらいPMDD症状の治療で

産婦人科や精神科・心療内科・PMDD外来を

受診すると・・・

PMDD治療に処方される薬

☆産婦人科・・・低用量ピルや漢方薬

☆精神科や心療内科・PMDD外来・・・

SSRIなどの向精神薬や漢方薬

PMDDに効果が認められている

漢方薬は「加味逍遥散」という

処方です。

ではこういったPMDD治療で

使用される薬には・・・

どんな効果や副作用があるの??

という事についてみてみると・・・

PMDDに処方される薬の効果とは?

低用量ピル

PMDDで婦人科を受診すると

低用量ピルを処方される事が

多いです。

というのも、

低用量ピルの中にPMSに対して

保険適用されるものがあるからです。

また、

低用量ピルは人工の女性ホルモンであり

PMDD・PMSと深い関連のある月経を

コントロールする効果があります。

しかし、

こういった低用量ピルはPMS・PMDDの

身体的な症状は改善できても精神的な

症状を改善する効果は無いと証明

されています。

ですので、

精神症状が主なPMDDに対しては

医師は低用量ピルの処方は消極的ですし

保険適用もされません。

生理前の不調で婦人科を受診して

低用量ピルが処方された場合は、

PMDDではなくPMSと診断されている

可能性が高いです。

向精神薬

精神科や心療内科だけでなく、

PMDD専門外来と呼ばれる

PMDD治療に特化した医療機関でも・・・

患者さんがよっぽど拒否しない

限り一番初めに処方されるのは

SSRIなどの向精神薬です。

というのも、

日本国内の医療機関でのPMDDは

精神疾患のひとつという位置付け

だからです。

また、

SSRIはPMDDの症状を一時的に

緩和する効果も認められているので

まずはSSRIを処方される事が多いです。

しかし、

SSRIはPMDDを根本的に改善する

訳ではないですので・・・

PMDDの症状がある限り

SSRIなどの体への負担の大きい

薬を飲み続けなければならないという

リスクがあります。

漢方薬

PMDDの改善に漢方薬で唯一

効果が認められているのが

「加味逍遥散」と呼ばれる

漢方薬です。

しかし、

漢方薬はもともとオーダーメイドで

患者さんの体質や症状に合わせて

微調整しながら処方される薬です。

ですので、

PMDDだからすべての女性に対し

「加味逍遥散」を処方するというのは

誤用です。

本気で漢方薬でPMDDを改善したい場合、

漢方に精通した漢方医に『証』を診てもらい

オーダーメイドで漢方薬を処方してもいます。

※こういったオーダーメイドの

漢方薬は1回分1万円~5万円程度

します。

ですので、

漢方薬は副作用以前にPMDD改善の

効果を得るのが難しい薬なんです。

PMDDに処方される薬の副作用とは?

低用量ピルの副作用

PMS・PMDD治療に婦人科で処方される

低用量ピルには、国内だけでも複数の

死亡例も複数報告されている重篤な

副作用があります。

海外でもこの件に関して、

被害者や遺族が製薬会社を相手取り

訴訟を起こしています。

厚生労働省からも注意喚起の

ブルーレターが交付されています。

向精神薬の副作用

PMDDの症状の緩和に処方される

向精神薬の一種であるSSRIには・・・

攻撃性や衝動性を高めるという

副作用が認められています。

実際に、

アメリカのコロンバイン高校での

銃乱射事件の主犯格の少年達の

血液からは高レベルのSSRIの成分が

検出されています。

※事件直後、主犯格の少年達は

自ら命を絶っています。

生理前のPMDDの症状で、

自分を自分でコントロールするのが

難しい時期に・・・

こういったSSRIの副作用で、

PMDDの攻撃性や衝動性が高められて

しまったら!?

あなたは、

自分を抑える事ができますか??

安全性の高いPMDD改善有効成分って??

PMDD治療に安全な有効成分

こういった危険な副作用のリスクが

ある低用量ピルや向精神薬の前に・・・

PMDD・PMS研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

チェストベリーやイソフラボン等の

安全性の高い有効成分の摂取が

推奨されています。

こういった、

チェストベリーやイソフラボン等の

有効成分をバランス良く配合した

PMS・PMDD改善薬としておすすめは

「ルナベリー」です。

この「ルナベリー」は、

厚生労働省にPMS改善薬として

安全性と有効性を認可された

医薬品の主成分であるチェストベリーを

医薬品と同量の40mg配合しています。

さらに、

女性ホルモンを補うイソフラボンや

生薬・ビタミン・ミネラルを豊富に

配合しています。

ですので、

総合的にPMDDを改善する効果が

期待できるんですよ♪

そして、この「ルナベリー」

初回500円(税込・送料込)

試せるんです。

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

120日間の全額返金保証制度

利用できます(^^♪

※120日間の全額返金保証制度は

ルナベリー」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナベリー」公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。