PMDDの発症のきっかけは?ストレスと関連が?? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDDの発症のきっかけは?ストレスと関連が??

初潮が始まった頃には

別に生理前にも普段通りに

生活できていたんだけど・・・

だんだん、

生理前のイライラ感とか

情緒不安定・全身の倦怠感が

つらくなってきて。。。

これってPMS(月経前症候群)

なのかな??

って思っていたら

進学・就職・結婚とか

生活の変化のたびに悪化!?

今は、生理前の時期は

寝込んでしまう程ひどい状態。

たぶんもうPMSじゃなくて

PMDD(月経前不快気分障害)

だと思う。

何がきっかけで、

こんなにひどいPMDD

発症してしまったんだろう・・・

生理前のPMDDの発症のきっかけは?

PMSとPMDDの違いって?

生理前の時期になると、

情緒不安定になって自分で自分を

コントロールできなくなってしまう。

体がすごくだるくて

疲れが取れないし、

1日中ひどい眠気に襲われる。

こういった生理前の時期に出る

困った症状はPMS(月経前症候群)

という病気の可能性があります。

さらに、

こういった症状で日常生活に

支障が出る場合はPMDDという

精神疾患の可能性が高いんです。

ですので、

生理前の時期に気分が落ち込んで

何にもやる気が起きず、

家事や仕事が手につかなくなって

しまう。

そういった症状も、

PMDD(月経前不快気分障害)の

可能性があるんです。

そしてこういったPMS・PMDDは

気が付かないうちに発症して

じょじょに悪化していたという

女性もいらっしゃいますが・・・

進級・進学・恋愛・結婚・妊娠等

女性のライフステージの変化を

きっかけに発症・悪化する事の

多い疾患といわれているんです。

PMDDの発症のきっかけは?

PMDDは、

生活や環境の変化に伴う

プレッシャーやストレス等の

影響を受けて発症・悪化する事の

多い病気と考えられています。

これは、

PMDDが生理前に分泌量の増える

女性ホルモンプロゲステロンの影響で

脳内のセロトニンの働きを悪くする事で

発症すると考えられており・・・

さらにストレスにも、

女性ホルモン分泌を乱れさせたり

セロトニンの働きを悪くする影響が

あるからです。

つまり、生理前に分泌される

女性ホルモンの影響でセロトニンの

働きが悪くなっている時期にストレスが

追い打ちをかけてしまうんです。

私のPMDDの発症のきっかけは?

私自身、

10代の頃からひどいPMSの症状を

感じてはいましたが・・・

はっきりとPMDDの症状を

自覚したのは妊娠・出産後の

ストレス+女性ホルモンの乱れが

ピークに達している時期でした。

出産後の女性ホルモンの不安定と

慣れない育児と将来への不安の

ストレスで心も体もボロボロでした。

今振り返ってみると、

いつ命を絶ってもおかしくない状態

まで追い詰められていました。

じつは、

こういったPMS・PMDDは

別名「30代中期症候群」とも呼ばれ・・・

30歳頃をピークに減少してしまう

女性ホルモン「エストロゲン」の影響で

30代頃に発症・悪化する事の多い

疾患であると言われています。

さらに、10代~30代頃に

ひどいPMS・PMDDを発症した女性は

40代・50代の更年期障害も重症化する

という研究報告もあります。

ですので、

PMS・PMDDはなるべく早めに

改善する事が重要なんです!!

PMDDを改善方法とは??

PMDDの改善方法って??

こういった、

女性ホルモンの乱れ+ストレスで

発症・悪化するPMS・PMDDは・・・

まずは、ストレスを取り除き

女性ホルモンの乱れを改善する事が

重要なんです。

それには、

生活習慣の乱れや食生活の改善

適度な運動や趣味の時間をもって

ゆとりのある生活を心がける・・・

というのは簡単ですが(^-^;

☆毎食自炊してバランスの良い食事

☆砂糖や動物性油脂を摂取しない

☆夜10時にはきちんと就寝する

☆毎日30分程度の有酸素運動

☆カフェイン・お酒・タバコNG!

こんな生活を50歳頃の閉経まで

ずっと続ける事ってできますか??

さらに、

忙しい現代社会の中で生きている

私たちにとっては全てのストレスを

とりのぞく事なんて不可能ですよね??

そこで、

まずは女性ホルモンの乱れを

改善する事から始めてみましょう!

女性ホルモンの乱れを改善する

PMDDの発症・悪化の

要因となっている・・・

女性ホルモンの乱れを

まずは改善してみましょう♪

女性ホルモンの乱れを改善する

薬品といえば婦人科で処方される

低用量ピルが一般的ですが・・・

この低用量ピルには、

国内だけで複数の死亡例が報告されている

血栓症等の重篤な副作用があるんです。

⇒PMDDにピルは効かない?副作用も??

そこで、

安全性の高い有効成分で

女性ホルモンを改善するものに・・・

チェストベリーやイソフラボン類等が

おすすめなんです。

チェストベリーは生理前の時期に

分泌量の増えるプロゲステロンの

過不足を整える作用が認められて

いる有効成分です。

さらに、

イソフラボン類は30歳頃をピークに

減少してしまうエストロゲンを補う

効果が認められています。

こういった有効成分を、

バランス良く配合した製品で

おすすめなのがホットドリンクタイプの

ルナテア」なんです。

この「ルナテア」は

厚生労働省にPMS改善薬として

安全性と有効性を認められた医薬品の

主成分であるチェストベリーを40mg

配合しています。

さらに、

別名美女ホルモンとも呼ばれる

エストロゲン」の働きを補う

イソフラボン類やビタミン・ミネラル

生薬を豊富に配合しているんです。

そして、こういったチェストベリーや

イソフラボン類って漢方薬と同じ

生薬ですのでお湯で煎じて服用する事で

高い効果を得る事ができるんです。

ですので、

チェストベリーやイソフラボン類の

効果をより実感できるホットドリンクの

ルナテア」がおすすめなんです。

実際に私も、

この「ルナテア」を服用し始めてから

ひどいPMS・PMDD症状が驚くほど

緩和しました。

ですので、

ひどいPMS・PMDDを改善したい

と思っている女性は・・・

まずは、「ルナテア」を試して

みると良いですよ(^^♪

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

ルナテア」なら返金保証も

利用できるので安心です。

※30日間の返金保証制度は

こちら「ルナテア」公式サイト限定です。

こちら⇒「ルナテア」公式サイトへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。