PMDDの原因・メカニズムとは?改善方法はある?? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDDの原因・メカニズムとは?改善方法はある??

生理前の時期になると

自分で自分をコントロールする

事ができなくなる・・・

ひどいイライラ感や

気分の落ち込み・情緒不安定等で

周囲の人とケンカしてしまう。

これってPMDDの典型的な

症状だと思うんだけど・・・

どうして私だけが

こんなつらいPMDDに

なったんだろう??

PMDDの原因やメカニズムって

どんなことなの?

PMDDには改善方法ってあるの??

そんな風に疑問に思っている女性も

多いのではないでしょうか??

そこで、

生理前のつらいPMDD症状の

原因やメカニズムや改善方法に

ついて詳しくお伝えします。

PMDDの原因やメカニズムとは??

PMDDの原因・メカニズムは・・・

生理前のつらいPMDD症状って

どうして起こるの??

原因とかメカニズムって

どうなの??

って気になりますよね・・・

でも実は、

PMSもPMDDもまだ原因や

メカニズムがはっきりとは

解明されていない疾患なんです。

ですので、

どういった女性がどのような経緯で

PMDDを発症するか?

という事については

不明であるとしか言いようが

ありません。

しかし、

近年のPMDD研究から

原因やメカニズムに関して

少しずつ解明が進んでいます。

そこで、

PMS・PMDDの原因として

複数の仮説が発表されました。

PMDDの原因(仮説)

現在PMS・PMDDの仮説として

発表されているのは以下のような

要因です。


☆プロゲステロン(黄体ホルモン)欠乏

☆エストロゲン(卵胞ホルモン)過剰

☆プロゲステロン:エストロゲン比異常

☆プロゲステロン代謝異常
(アロプレグナノロン)

☆テストステロン(男性ホルモン)過剰

☆ビタミンB6低下・欠乏

☆プロスタグランジンE2欠乏

☆プロラクチン欠乏

☆メラトニン過剰

☆セロトニン異常

☆アドレナリン異常

☆GABA異常

まず、

PMS・PMDDの症状は生理前の

排卵以降の黄体期のみに現れる為・・・

黄体期に分泌量の増える黄体ホルモン

(プロゲステロン)が関わっていると

考えられています。

しかし、

黄体ホルモンの血中濃度などに

異常は見らえないので・・・

この黄体ホルモン単体では

解決できない問題なんです。

そこで、

この黄体ホルモンの影響を受けると

働きが低下する神経伝達物質の

セロトニンとの関わりが指摘されて

います。

日本で行われているPMDD治療とは?

日本国内のPMDD治療の第一人者の医師は

黄体ホルモンがセロトニンに影響を

及ぼしているという仮説を

根拠として・・・

生理前の時期にのみセロトニン量を

コントロールする向精神薬を服用

させるという治療を行っています。

そして、

一定期間(半年~1年程度)

投薬で症状が消えたら完治したと

みなすと記載しています。

またこの治療方法は、

現在日本国内におけるPMDDの

標準治療として一般的に行われる

治療方法でもあります。

しかし、

同時にこの医師は・・・

「すべての女性は生理前の時期に

黄体ホルモン量分泌が増えるのに、

なぜPMDDを発症する女性と

PMDDを発症しない女性がいるのか

よくわからない」

とも公言しているんです。

なぜPMDD症状が発症するのか

分からないけれどとりあえず

症状を抑える向精神薬を処方する…

それでしばらく症状が治まったら

完治したと考えられる。

というのは、

なぜ腹痛が起こるかわからないけれど

とりあえず痛みを抑える鎮痛剤を

処方するというのと同じくらい

乱暴に感じるのは私だけでしょうか?

もしそれが、

盲腸や子宮がん由来の腹痛だったら??

鎮痛剤で痛みをおさえたから

治療が完了したとは言えませんよね??

PMDDだって、

黄体ホルモンの影響で

セロトニンの働きが悪くなる要因を

取り除いて初めて完治したという

べきではないでしょうか??

そしてまた、

こういったPMDD治療に利用される

SSRIには攻撃性や衝動性を高める

という副作用も報告されています。

SSRIはPMDDを悪化させる??

SSRIには副作用がある!?

PMDD外来などの医療機関で

PMDD治療に利用されるSSRIには

攻撃性や衝動性を高めるという副作用も

報告されています。

※アメリカのコロンバイン高校での

銃乱射事件の主犯格の少年の血液からは

SSRIの成分が検出されています。

こういったSSRIの作用で

PMDDの症状の衝動性や攻撃性が

増悪してしまったら!?

自分で自分をコントロールできず

他人に対する攻撃性が増加したり

自ら命を絶ってしまう危険性も??

PMDDを改善する有効成分って??

PMS・PMDD研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

そういった体への負担の大きい

向精神薬や低用量ピルなどの

服用の前に・・・

チェストベリ―やイソフラボン等

体に負担の少ない有効成分の摂取を

推奨しています。

そして、そういったチェストベリ―や

イソフラボン類を豊富に配合た製品で

おすすめなのが「ルナベリー」です。

なんといっても「ルナベリー」は

初回500円(税込・送料込)だけで

お試しできるんです。

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

120日間の全額返金保証制度

利用できるますので安心です♪

※120日間の全額返金保証制度は

ルナベリー」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナベリー」公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。