PMDD治療で病院は何科を受診すべきなの? | 生理前のひどいPMS症状はPMDD!?改善方法とは?

PMDD治療で病院は何科を受診すべきなの?

生理前の時期のイライラや

気分の落ち込み等の情緒不安定で

日常生活に支障が出る!!

生理前の時期だけは

普通に仕事や学校・家庭生活を

送る事ができなくなってしまう。

これってPMDDっていう病気だと

思うんだけど・・・

こういったPMDDを改善するには

どうしたらいいの?

PMDD治療で病院を受診するには

何科を受診したらよいの??

そんな風に迷っている女性も

多いと思います。

そこで、

こういったPMDD・PMS治療に

何かを受診したらよいかという事に

ついて詳しくお伝えします。

PMDD治療には何科の病院が良いの?

PMDDの専門は婦人科??

こういった

生理前のPMDD・PMSの治療に

病院を受診する場合は何科を

受診するのがベストなの?

という事について、

詳しく見てゆくと…

まず、

PMS・PMDDって生理に関連した

疾患だから婦人科疾患でしょ?

って思って婦人科を受診すると、

大体は低用量ピルを処方される事が

多いんです。

しかし、

この低用量ピルにはPMS・PMDD

身体症状を改善する効果は認められて

いますが、精神症状には改善効果が

無い事が証明されています。

さらに、

婦人科でPMS治療に保険適用される

低用量ピルには死亡例も複数報告のある

血栓症など重篤な副作用があります。

そこでさらに調べてみると・・・

⇒PMDDで心療内科を受診しても大丈夫?

PMDDの専門は精神科??

日本国内の医療機関の

PMDDに対する治療方針として

米国精神医学会の方針が採用されて

います。

そしてPMDDは日本国内では

精神疾患として取り扱われる場合が

多いので・・・

PMDDの治療としては

精神科を受診する事が望ましいと

言われています。

じゃあ、

PMDDって精神科を受診すれば

完治する病気なのね(^^♪

って思うかもしれませんが・・・

実は、

PMDDは精神科を受診しても

完治する事が難しい疾患なんです。

PMDDは精神科でも完治しない!?

PMDDは精神科を受診しても完治しない!?

実は、

PMS・PMDDってまだまだ

新しい病気であって・・・

その原因もメカニズムも

まだはっきりとは解明されていない

病気なんです。

ですので、

すべての女性のPMS・PMDD

改善できる治療方法って

無いんです。

ある女性に効果がある治療も

別の女性には効果が無いという事も

とても多いんです。

ですので、

PMDDの専門科である精神科や

PMDD外来を受診したとしても

PMDDが確実に完治するとは

言い切れないんです。

SSRIではPMDDは完治しない

さらに、

精神科やPMDD外来で

採用されている治療方法というと・・・

生理前の時期に分泌量の増える

黄体ホルモンという女性ホルモンの影響で

神経伝達物質のセロトニンの働きが

悪くなる事がPMDDの原因であるという

仮説に対して。。。

セロトニンの量を増やす

SSRIという向精神薬の処方を

おこなうのが主な治療方法です。

しかし、

これは盲腸の痛みを鎮痛剤で

緩和しているのと同じように、

PMDDの症状を一時的に

抑える方法であって・・・

PMDDを根本的に改善する

治療ではありません。

しかし一部の医師は、

SSRIの長期投与でPMDD

臨床では完治するという報告を

していますが・・・

これって盲腸が鎮痛剤で完治すると

言っているのと同じくらいオカシイ

理論です。

更にSSRIPMDDが完治すると

言っている医師は完治したPMDD

再発するとも言っています。

これって、

SSRIで完治していないから簡単に

PMDDがぶり返すのでは?

って思いませんか??

そしてさらに、

精神科でPMDD治療に使用される

SSRIなどの向精神薬には・・・

危険な副作用のリスクが

あるって知っていますか!?

SSRIには危険な副作用が??

精神科やPMDD外来などで

PMDD治療に多用されるSSRIには、

攻撃性や衝動性を高める副作用が

報告されています。

アメリカのコロンバイン高校での

銃乱射事件の主犯格の少年達の

血中からはSSRIが高濃度で検出

されています。

※事件直後主犯の少年達は

自ら命を絶っています。

この事件こそが、

SSRIの攻撃性や衝動性を高める

副作用を理解するうえで最も

重要な出来事であると話題になりました。

そして、

生理前のPMDD症状で自分を

コントロールでき無い時期に・・・

こういったSSRIの副作用で

生理前のPMDD症状の攻撃性や

衝動性が増悪してしまったら?

犯罪行為を犯してしまったり、

自ら命を絶ってしまわないって

言えますか??

安全なPMDD治療方法って??

PMDDの安全な治療方法とは?

体への負担や危険な副作用のリスクが

大きいSSRIなどの向精神薬や

低用量ピルの服用の前に・・・

PMS・PMDD研究の先進国

イギリスの改善ガイドラインでは

安全性の高いチェストベリ―

イソフラボン等の有効成分の摂取を

推奨しています。

日本国内の病院などの医療機関では

こういった有効成分は処方して

もらえません。

そこで、

おすすめなのがチェストベリ―

イソフラボン等をバランス良く

配合した「ルナベリー」という

製品です。

PMDD改善に「ルナベリー」

この「ルナベリー」には

厚生労働省にPMS改善薬として

安全性と有効性と安全性を認可された

医薬品の主成分であるチェストベリー

医薬品と同量40mg配合しています。

さらに、

別名美女ホルモンと呼ばれる

エストロゲン」の働きを補う

有効成分であるイソフラボン

各種生薬・ビタミン・ミネラル

豊富に配合しています。

ですので、

ルナベリー」はPMDD・PMS

高い改善効果を期待できる製品なんです。

そして、この「ルナベリー」

おためしで初回500円(税込・送料込)

購入可能です。

さらに、

万が一体質に合わなかったり

改善効果を実感できなくても

120日間の全額返金保証制度

利用できるので安心なんです♪

※120日間の全額返金保証制度は

ルナベリー」公式サイト限定です。

こちらから⇒「ルナベリー」公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。